JCOの取り組み

事業の状況

弊社では現在、安全確保を第一に「ウラン廃棄物の保管管理」と「施設の維持管理」に継続して取り組んでいます。また、主な事業の近況は以下のとおりです。

【焼却設備について】

●工事の進捗状況

  1. 1.焼却設備の試運転・搬入について
    1. 2014年7~8月にメーカーにおいて以下の項目の検査・試運転を行い、問題がないことを確認しました。
      1. (1)機器の外観・員数検査
      2. (2)インターロック(安全装置)試験
      3. (3)制御試験・検査(制御盤と機器の動作確認)
      4. (4)運転条件確認試験(温度推移、適正な燃焼条件の確認)
      5. (5)実作動模擬試験(灯油燃焼、新品溶媒の燃焼、排ガス冷却工程の確認)
        その後、弊社敷地内に搬入し、8月28日に開催した住民説明会にて、ご希望の方に据付前の焼却設備を見学いただきました。
  2. 2.焼却設備の据付工事について
    1. 焼却設備設置場所(第1管理棟の一部)の整備が完了した後、2014年9月下旬より設備の据付工事を開始し、12月2日で完了となりました。設置場所の整備作業および設備の据付工事に期間を要したことから、予定より遅れたものの、一連の工事を無事故・無災害で進めることができました。
  3. 3.消防による危険物取扱所の完成検査受検
    1. 焼却設備設置場所は危険物取扱所に該当します。このため、灯油や溶媒(危険物)に係る新設した設備や配管、消火設備等について、消防による完成検査を受検し、2014年11月20日付で完成検査済証を受領しました。
  4. 4.原子力安全協定に基づく自治体立入調査
    1. 焼却設備の検査運転等を開始するにあたって、弊社が原子力安全協定を締結している6自治体の立入調査を2014年11月21日に受けました。弊社から焼却設備に関する安全対応等をご説明し、設備の現場調査をしていただきました。
  5. 5.社内での各種検査・試運転
    1. 2014年11月下旬~2015年1月中旬に社内において上記試運転の項目と同様の検査・試運転を行い、問題がないことを確認しました。
  6. 6.保管溶媒を使用した試運転
    1. 2015年1月19日~3月10日に保管溶媒を使用した焼却試運転を行い、排気、排水への放射性物質の影響は認められず、運転安定運転性を確認いたしました。同内容については3月12日に開催した住民説明会においてお知らせいたしました。
●通常運転の開始について
  1. 2015年3月16日より通常運転に移行しました。安全を最優先に保管溶媒の焼却運転を継続し、全体で約100立方メートルのうち、2016年6月までに累積で約33立方メートルを処理しております。
●焼却設備運用にあたっての取組みの状況
  1. 1.第三者会議による焼却活動の確認
    1. 2016年6月3日に第5回会合を開催し、保管溶媒を使用した通常運転状況の見学、意見交換等を行いました。当議事録につきましては別途当ホームページでお知らせします。
  2. 2.空間線量の調査による焼却活動の確認
    1. 2014年6月に近隣住民の代表者の方々と東海村防災原子力安全課殿のお立会いのもと、敷地内の定点4箇所を決定しました。これまでに7回の調査会を開催し、敷地内定点4箇所の測定を行いました。測定結果は、0.06~0.08μSv/時であり、各定点の平常値の範囲内で特に問題はありませんでした。
  1. 3.情報発信の充実
    1. (1)近隣4自治会への定期的な情報提供
      1. 2015年1月に焼却活動について各自治会の皆様へ回覧によるお知らせを、2015年5~6月及び2016年6~7月に各自治会役員会への年間事業計画および焼却活動の説明を、2016年7月25日に同内容に関する住民説明会の開催をいたしました。
    2. (2)構内のガンマ線量率の測定と表示
      1. 2014年10月6日より、弊社正門前で電光掲示板による表示およびホームページ上で公開しています。
    3. (3)ホームページの開設
      1. 2013年12月に開設し、運用中です。
  2. 【設備撤去工事について】

    2015年度から第2管理棟と固体廃棄物処理棟の旧加工設備の撤去工事を開始するにあたり、その準備として、管理区域内の整備作業を実施してきましたが、2015年12月に国の許可がおりましたので安全を最優先に撤去工事を進めております。

  3.  

ウラン廃棄物の保管管理

ウランの取扱い作業で発生した固体廃棄物を分別して、専用のドラム缶(容量200㍑)に充填し、保管施設にて保管管理しております。ウラン廃棄物の最終処分先は未だ決定しておらず、臨界事故前に発生したものも含め、2016年6月末時点で、11,301本(可燃物782本、不燃物10,519本、住友金属鉱山(株)からの保管受託分を含む)のウラン廃棄物を保管しております。

#

▲廃棄物保管倉庫

#

▲保管中の固体廃棄物

施設の維持管理

排気・排水処理等の設備の日常・定期点検、全施設の巡視点検、放射線管理等を行っております。なお、臨界事故前に稼働していた旧加工設備は、再稼動不可の状態で管理しています。

#

▲高性能エアフィルタ

#

▲排水貯留設備

環境放射線データ

2016年4~6月の放出状況(単位:ベクレル/3ヶ月)

項目 放射性核種 放出状況 6ヶ月間
放出管理目標値
排気 ウラン ND 1.1×106
排水 ウラン ND 2.8×108

※ ND(検出限界未満)は、茨城県東海地区環境放射線監視委員会の「茨城県環境放射線監視計画」に基づいた測定方法によって測定し、検出できない程小さな値であったことを示します。 放出管理目標値は、茨城県原子力安全協定で定めた排気、排水中の放射性核種の放出管理目標値です。

放射線モニタリング情報

事業所周辺の放射線を監視する目的で、敷地内4ヶ所に測定点を設置して空間線量率を測定し、その結果を放射線監視状況として公開しています。(測定装置やデータ転送装置の点検作業時やデータ通信エラー発生時等は、データが表示されない場合があります。)

上へ戻る